名古屋無限景。

名古屋から始まる気まま歴史探訪。

名古屋に軍馬軍犬軍鳩慰霊碑がある。

この度我が家に舞い込んできたこの『なごや新三百景』を開いて、感激した最初のページがありました。中区三の丸にある「軍馬軍犬軍鳩慰霊碑」の記事。

 

こういったものがあることがまず感動ですが、私が特に驚いた理由は、ここは日頃あまりにも馴染みの場所だったからです。。通勤で通りますし、すぐ横の護国神社は毎年厄払いでお世話になっている通いの神社。それなのに今まで全く気付きませんでした。

 

本の一部をご紹介します。

動物たちの“鎮魂歌”

区画:中区
地名:三の丸

f:id:sunlight333:20180318093953j:image

◻️本文抜粋

戦前、三の丸には旧陸軍第三師団があり、同師団が昭和14年、戦争で使われて死んだ動物たちのを供養する目的で建立した。

この碑は戦後、一部の関係者を除いて忘れ去られてしまい、長年、慰霊祭も行われず、雑草のやぶの中に埋もれていた。

ふとしたことから、この碑を“再発見”したのは、東海農政局勤務森前陽さんだった。森前さんが外堀近くの名古屋営林曲に勤めていた13年前(S49)木々の間から見える石碑に気付き雑草を押しわけて中に入ると、慰霊碑だったという。

このことが、S51年4月の本紙(中日新聞)市民版の記事で紹介され、関係者の間で大反響を呼び、この年から県獣医師会(谷川茂会長)が中心になって、毎年9月には慰霊祭が行われるようになった。

 

***

早速ですが、地図と近辺の写真です。

※地図/え〜なも探偵団HPYahoo!地図より拝借。

 

名古屋市全体(目安の名古屋駅付き)

f:id:sunlight333:20180319195350j:image

 

中区エリア。

f:id:sunlight333:20180318133335j:image

 

さらに細かく。

f:id:sunlight333:20180318095746j:image

f:id:sunlight333:20180318103317j:image

f:id:sunlight333:20180318103330j:image

f:id:sunlight333:20180318140753j:image

f:id:sunlight333:20180319200229j:image

f:id:sunlight333:20180318184858j:image

 

そしてやっと出会えた石碑ですT^T

夜暗い時に探した時は全く見つけられませんでした…

f:id:sunlight333:20180318185121j:image

f:id:sunlight333:20180322124136j:image

裏手には慰霊碑建立に関わった方々の名前が刻まれています。

 

調べるだけでも名古屋の歴史を感じるので書いてみます。個人と団体に分けました。(イロハ順)

 

個人

◻️伊藤 次郎左衛門(祐民)※15代目

松坂屋初代社長、伊藤銀行(東海銀行前身、現三菱UFJ銀行)2代目社長、名古屋商工会議所第9代会頭)

◻️伊藤 松之助(祐茲)※16代目

祐民の長男。名古屋商工会議所第15代会頭。

◻️豊田 利三郎

豊田佐吉トヨタグループ創始者)の婿養子。豊田自動織機製作所及びトヨタ自動車工業の初代社長。

◻️高松 定一

食糧生産資材専門商社、名古屋商工会議所第12代会頭。

◻️陸田 志やう

旧名大医学部分院ビル寄贈者。

◻️岡谷 惣助(10代目)

岡谷鋼機社長。名古屋商工会議所第10代会頭。※伊藤家と親類関係。

◻️青木 鎌太郎

愛知県時計電機社長。名古屋商工会議所第11代会頭。

◻️千賀 千太郎

岡崎商工会議所3期、衆議院議員1期

 

団体

愛知県畜産組合連合会(建設代表者)

日本伝書鳩協会東海支部

名古屋乗馬連

名古屋乗馬倶楽部

名古屋馬匹畜産組合

帝国在郷軍人名古屋市連合会

愛知県畜産組合連合会

愛知県都市畜産組合一同

愛知県獣医師会

愛知県牛馬商同業組合

愛知県軍馬同好会

帝国馬匹協会(賛助者)

***

調べているうちにあまりにもお勉強になりました。伊藤家は面白くて掘り下げたくなりました…。

 

この碑の建立には「軍馬資源保護法(昭和14年4月7日法律第76号)」が関係ありそうです。この年の4月7日は「愛馬の日」とされて東京ではかなりの催し物が行われたよう。

この日を境に軍馬の育成と確保のために地方競馬場が軍用の場に成り変わった。→軍用保護馬鍛錬競走。この鍛錬競走の主催者が、畜産組合連合会および畜産組合。ということで、建設代表者が畜産組合連合会だということでしょうかね…。ありありと戦争の歴史を物語っていますね。

このタイミングに建てられたこの碑は、いよいよ戦局に向かう象徴のようでもあり、これから失われるだろう多くの命があることを予感させるものでもあったかもしれませんね…。

 

軍用の動物慰霊碑は各地沢山あるようですが、動物三種を同じ石碑に描いているタイプは珍しいんじゃないかな?分かりませんが…。見ていて和む温かい感じのする美しい慰霊碑です。

 

せっかく素晴らしい立地にあるのだからもう少しアピールしても良さそうなものですが、ここがナチュラルに名古屋気質が出ているといいますか…。

 

さて。ここからはオマケの報告です。

振り返ると美しい石垣たち。

f:id:sunlight333:20180320002715j:image

はっ、まさかこれは刻印では…⁈

f:id:sunlight333:20180320003034j:image

丸に十字ぽくない…?うーん。

この辺りにはこれしかそれらしいのはありませんでした。

【石垣の刻印とは】

築城時に石材が誰のものなのか文字や記号を刻んで判別に利用した名残。

 

そしてそして…

せっかくだからゴミでも拾って帰ろうと拾いだしたらあまりにも多くて大変だった、、と、そんな中、面白いものを見つけて思わず写真撮影大会に…

f:id:sunlight333:20180320004737j:image

二羽の鳩の硝子の飾りです( ^∀^)かわいい💕しかも仲睦まじい姿です。

裏側の何かに差し込む部分の形状からするとこれが正位置のよう。

 

一体元の姿は何だったのか…何故こんなところに落ちてるのか…うーん。でも何となく、つがいの平和の鳩ならば慰霊碑の意味にも通じるような、これからはこんな世の中になるといいね、なんて。

コッソリ、そばに置いて新たな歴史を刻んできたのでした( ̄▽ ̄)b

 

🏯終。