名古屋無限景。

名古屋から始まる気まま歴史探訪。

ある日、本がやって来た。

こんにちは、美日と申します。

 

ある日のこと。実家に行くとテーブルに厚い本が置かれていました。

 

『なごや新三百景』。

f:id:sunlight333:20180318104514j:image

こ、これは?

母に尋ねると、大阪在住の母のお兄様が昔名古屋にいた頃購入した本だという。(※中日新聞本社社会部編集)

 

うん、叔父さんらしい…好きそうだ。そして私も好きだ。人も町も昔話が好きな私。

最近部屋の整理をしているのだとかで、突如名古屋の我が家に送ってきた。

 

早速パラパラと開いてみると…。こんなところにあんなものが、とか、これはもうなくなったなぁ、とか、道路がまだなくて景観いいな〜、とかとか…どのページを開いてもナルホド、です。

 

ちなみに発行は昭和62年。今から31年前。

 

わたし?あ、います、います。××歳です!^^;

 

でも当時は私はまだ若かったですし、活動範囲が狭くて名古屋のことなんて何も知りませんでした。両親も出身が違うため、名古屋弁を聞くこともなければ名物を食べる機会もありませんでした。(我が家のお昼ご飯はチャンポンだった(-。-;)

 

私が自分が名古屋人だと自覚したのは30歳過ぎた頃。交友関係が広がって県外の人に色々尋ねられたのだ。でも何も答えられなかった。どんな食べ物があってどんな街があるのか。

 

それから少しづつ関心を持ち始めて名古屋が好きになりました。けれども名古屋の人って名古屋を誇りません。自虐が文化のようです。なんといいますか、そういう口調がいわゆる名古屋のようです。

 

私は悲しいなぁ…と思うのですが、でもそんな気質も含めて名古屋は守られてきたのかもしれないなと思う。簡単には讃えない辛口が良いものを生んできたのかもしれない。要らないものを余計に取り込むこともしないだろうし。

 

それでも最近は段々変化してきましたね。リニアが通ったらまた変化するんだろうか?

 

名古屋はここ100年くらいでは語れない深い歴史の役割を担ってきた町。ですのでリニアが通っても基本的な気質は変わらないんじゃないだろうかという気がする。

 

名古屋といえば尾張地方。尾張という名前は古墳時代に遡るようです。尾張氏という大きな豪族がいたそう。

尾張は皇室と関わりが深かったり、またヤマトタケルの伝説もある。勿論有名な戦国武将多産の中心でもあった。神話が始まる縄文時代からの遺跡も有名で、とにかく陸があった最初から人が住み、活発に活動し続けた実はとても変化の激しいお土地柄なんだと思う。尾張は日本の中央に位置するだけに、常に何かしらネットワークに関わってきたんだろう。

 

どこかで聞いたささやかな手持ちの知識なのでここまでくらいしか語れませんが(><)

 

本をヒントに気になったところを散策して、新しい発見をしてみたくなりました。気が向いたら古い歴史も紐解いてみたい。

 

ゆっくりペースになるかとは思いますが、どうぞ宜しくお願い致します(^人^)✨

※歴史を扱うだけに後から修正、加筆が度々加わるかもです。ご了承くださいσ^_^;